高齢者福祉センターで介護予防講座を担当したところ、やはり、出席者は普段から健康に気を配っていらっしゃるせいか、体の柔軟性は結構あります。ところが、肩こり、腰痛以上、ひざ痛の方の人数の多さにびっくりします。

高齢者福祉センターなので、60歳以上の方が利用されているわけですが、基本的にウォーキング等の体の使い方に問題があるようです。

%e3%81%b2%e3%81%96%e2%98%86

☆体の間違った使い方等によるひざ痛の原因 1.ひざの方向と足先の向きが違う。2.体重が重い。3.悪い姿勢での立ちっぱなし。 4.座りっぱなしで曲げっぱなし。等が考えられます。

1.2.については、体重を減らし、内また外またの、足先に意識を向けます。

軟骨のすり減り等によるひざ痛はあるわけですが、それ以外に、大腿四頭筋腱がひざ蓋骨と大きく連結していることがわかるように、基本的にひざに負担をかけない、すなわち大腿四頭筋を使って動かないことです。

☆ひざ痛改善方法 1.曲げて痛みの出る人には、ひざ裏を延ばすストレッチ 2.延ばしたときひざ痛が出る人は、もも前を伸ばすストレッチ。

☆ひざ痛改善エクササイズ ストレッチウォーキングで、片足立ちを繰り返す。

 

ストレッチウォーキング等のお問い合わせは、ご予約サイト及びお問い合わせサイトで、ご連絡お願いします。

 

 

Follow me!

Pocket